ブランディングチームの活動報告

こんにちは!ベア活のブログをご覧いただき、ありがとうございます!今回はブランディングチームのSDGsに関するミーティングを行いましたのでご紹介いたします。

2021年最初のブランディングチームミーティングでは、他社のSDGsの取組みを調査し、その事例を共有しました。一つは、世界の食糧危機、たんぱく質の供給が追い付かなくなる将来への対策として、昆虫食が注目されており、コオロギを原料にした食品が開発されている事例。家畜に比べて水の使用量や二酸化炭素排出量が抑えられるうえ、栄養価が格段に高い。さらに環境負荷が圧倒的に少ないことが特徴なのだそうです。

他にも、書店で本を購入した際の袋をプラスチックではなく、紙袋を使用する取組みに変えた企業。また、使い終わった卒塔婆を引取りバイオマス燃料化するメーカーなど、世の中にはまだまだ知らないSDGsな活動がたくさんあることを知るきっかけになりました。

ベアレンとして全社、全部署にて継続してSDGsを意識した取組みを行っていますが、他社の事例を参考に、また違った視点から一歩先の活動に活かしていける有意義な時間となりました。

月一のブランディングセミナーの振り返りを行った後は、来年度に向けた取組みについて進捗共有を行いました。2021年は、ベアレン醸造所設立20周年となる節目の年です。関連した取り組みやさまざまな改訂作業も同時進行で進んでおります。さらにパワーアップした活動をお見せできるよう、まずは自分たちが楽しむことを忘れず、ブランディングチーム一同頑張っていきたいと思います。今年の活動にもご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA