ベアレンSDGs。エコチームのプラスチックゴミ削減の取り組みについて

こんにちは!ベア活のブログをご覧いただき、ありがとうございます。今回のブログはエコチームから、プラごみ削減の取り組みについてご紹介します。

日本はリサイクル先進国。その事は誇りに思いますし、素晴らしい事だと思います。しかし、実際に製品をリサイクルするのは他人(他社)任せ。数年前までは、それがスタンダードでしたが今では通用しません。製品を購入する側にも責任があり、個人としても積極的にゴミ削減の為に活動する時代となっています。そんな中エコチームでは、今年度、プラスチックゴミの削減に取り組みました(今後も当然継続します)。

①梱包用段ボールに使用するPPテープの使用大幅削減
弊社製品の梱包用段ボールに使用していたPPテープ。これを紙テープに変更いたしました。(一部、ギフト製品等の梱包にはPPテープを使用しております。)
★詳しい内容はインスタから(*’▽’)☟
https://www.instagram.com/p/CG1RMg1hF2y/?utm_source=ig_web_copy_link

②社員へのマイボトル持参推奨運動
社員に対してのマイボトル使用の推進を行いました。日本のペットボトルのリサイクル率は9割と言われています。しかし、そのリサイクル率にはサーマルリサイクルが含まれています。つまり、単に火力発電等の燃料にだけ使用されているものもリサイクル率に含まれているんです…それで「リサイクル」と言えるのでしょうか?

マイボトルはスタバのタンブラーです!

また、海洋ゴミ問題で大半の排出はお隣の中国や、アジア圏からの排出が多いと言われていますが、それらの国に処分を委託するためにプラスチックゴミの輸出をしているのが現状です。つまり排出が多い国から出ているプラスチックゴミの中に、日本からのゴミが含まれている事が十分に考えられます。

エコチームから上記のようなプラスチックゴミの処理に関する現状を社内で発信し、社員のエコに関する意識調査の一環として、数ヶ月後に社員のマイボトル使用率を調査したところ、使用率はなんと73%!
もともとマイボトルを使用していた社員の数が多かった事もありますが、発信開始から13%上昇するという結果になりました。

今後もこのようなエコに関する情報発信と、マイボトル使用率の調査は継続し、限りなく100%に近づける事を目標に今後も活動を続けてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA