ベアレンのブランディングチームとは?

 ベアレン醸造所が設立されてから17年。まだまだ小さな会社ではあるものの、おかげさまで盛岡に根付く一つのブランドとして県内外から認識されるようになってまいりました。そのブランドを確立すべく、ベアレンには「ブランドガイドライン」という冊子があります。これは主に社内の規則が載っているのですが、弊社で働くスタッフがベクトルをそろえ、同じ意識で会社をつくり上げていくには必要なもの。10周年を機にガイドラインを見直し、数年おきに冊子を更新するなどして、現在では4冊目となりました。

 さて、ベアレンといえば、クマのロゴが思い浮かぶと思いますが、ベアレンのブランディングチームは、「○○=ベアレン」というパブリックイメージを創り上げるための指針を学び、社内に共有したり実践するのがチームの主な趣旨です。上記ガイドラインの内容を検討したり、セミナーを受講してノウハウを共有したり、よりベアレン感を出すような活動を行っています。その中からいくつかご紹介します。

①スターブランド株式会社のクラブセミナー受講
 毎月、中小企業のブランド戦略のコンサルタントをしているスターブランド株式会社(https://www.starbrand.co.jp/company/)の村尾隆氏によるクラブセミナーを受講しています(現在はオンラインセミナーにて受講)。参加したスタッフはブランディング力を高めるノウハウを学んで共有します。会社のみならず、個人のブランディングについても理解を深めることができます。

②マイクレドの作成
 自分で作って自分で守る、自分のための行動規範=マイクレド。それを6月はSDGs版で個々に作成し、毎月日々の生活で気を付けていることを発表しあい、意識を高めています。

それぞれのユニークなマイクレドが沢山!

③「カタチにしました」
これは前述のブランドガイドラインに則って、ベアレンらしさを「カタチ」にする活動です。北山工場内にあるベンチや内装、装飾物などにレンガ調や木目調の模様を施して見た目の統一性を持たせたり、外の自動販売機をベアレン仕様にしたりと、実際に形にしたものをスターブランド株式会社へ報告しています。

今後も「ベアレンらしさ」を追求していくうえで、たくさんの「○○といえばベアレン」ができるように、ベアレンならではのアイディア溢れるユニークな取り組みをしていきますので、ぜひブランディングチームの活躍にご注目いただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA